大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

講師の紹介

⇒お受けできる内容 ⇒これまでの実績 ⇒お申込みの手順 ⇒お問合せフォーム

テーマによって講師をご紹介します。また、指名での講師のご依頼も承っております。

早瀬 昇(はやせ のぼる)
 社会福祉法人大阪ボランティア協会常務理事
 特定非営利活動法人日本NPOセンター代表理事

早瀬昇1955年、大阪府生まれ。大学で電子工学科を専攻するも、交通遺児家族支援、地下鉄のバリアフリー化、市民活動情報誌の編集などの活動に次々に参加。大学卒業後、フランス、ベルギーの障害者グループホームでケアワーカーを経験した後、1978年に大阪ボランティア協会に就職。91年から2010年まで事務局長。「市民の参加の力」で社会問題を自治的に解決する環境整備をライフワークとし、現在、日本ボランティアコーディネーター協会副代表理事なども務める。著書に『「参加の力」で創る共生社会』『寝ても覚めても市民活動論』など。大の阪神タイガースファン。赤ワイン党。




永井 美佳(ながい みか)
 社会福祉法人大阪ボランティア協会理事・事務局長

永井美佳学生時代に参加した援農ボランティア活動をきっかけとして、国際協力、環境、福祉などさまざまな社会問題解決の現場に足を運ぶようになる。「自身が社会とのつながりを実感できたように、同世代の若者が社会問題を知るきっかけとなる場が必要」と考え、学生ボランティアとして大阪ボランティア協会の若者対象事業を複数立上げる。学生時代に出会った市民活動家の生きざまをロールモデルとして、この世界で生きることを決意。複数のコーディネーション機関の事務局勤務を経て、1995年9月より大阪ボランティア協会に入職。主に、市民活動(ボランティア・NPO)のコーディネーション、NPOの組織化やコミュニティビジネス・社会起業の事業化、企業のCSR・社会貢献活動の推進、災害支援などに取組む。2016年4月より事務局長、2017年6月より現職。ボランティアコーディネーション力1級検定合格、准認定ファンドレーザー。

梅田 純平(うめだ じゅんぺい)
 社会福祉法人大阪ボランティア協会事務局主任

梅田純平学生時代に大阪ボランティア協会で活動した後、障害者自立支援センターに勤務。5年務めた後、2007年に大阪ボランティア協会に入職。2010年「スペシャルオリンピックス日本・ナショナルゲーム」(大阪)の事務局でボランティアコーディネーターを担当し、その後、市民活動(ボランティア・NPO)のコーディネーションを専門に取り組む。現在、NPOの運営やボランティア相談などを担当し年間100件超の相談対応を行う。講師としては、ボランティア関連、NPO関連など、年間15件程度の依頼に応じている。2017年4月より現職。ボランティアコーディネーション力2級検定合格。




椋木 美緒(むくのき みお)
 社会福祉法人大阪ボランティア協会ボランティアコーディネーター

椋木美緒大学卒業後、教育業界を中心に様々な職を転々としていた。 東日本大震災をきっかけに、2011年より大阪市社会福祉協議会ボランティア・市民活動センターに入職。ボランティア体験事業や東日本大震災の避難者支援に携わり、この業界にめざめる。2014年より大阪ボランティア協会に転職。ボランティア活動希望者やボランティアの応援を求める相談などに日々応じている。ボランティアコーディネーション力2級検定合格。趣味はバレーボール、特技は書道。とりあえずビール派。





小林 政夫(こばやし まさお)
 社会福祉法人大阪ボランティア協会ボランティアコーディネーター

小林政夫学生時代にたまたま誘われて入ったボランティアサークルで、ミーティング後にカツとじ定食を食べながら2時間も3時間も語り合っていたのが楽しくて、ボランティアの世界にのめり込む。 卒業後、多様な職を転々とした後、立命館大学や京都文教大学の職員として学生へボランティア熱を広げるため奮闘する。 退職直後に熊本地震が発生し、南阿蘇村の高齢者福祉施設にて、ボランティアのボランティアコーディネーターとして300人以上の専門職支援者と200人の一般ボランティアを受け入れる。 2016年9月より現職。ボランティアしたい人やボランティアしてほしい人の相談に乗るのが主な仕事。他にも災害時要援護者を支えるボランティアの研究や、インターネットのボランティア情報サイト運営などを担当。ボランティアに関連する小ネタを勉強するのが好きで、同僚からは「うんちく野郎」と言われる。ボランティアの価値や楽しさを伝えるにはどうすればいいか悩む日々。 ボランティアコーディネーション力2級検定合格。

牧里 毎治(まきさと つねじ)
 社会福祉法人大阪ボランティア協会理事長
 関西学院大学名誉教授

牧里毎治専門は地域福祉論。研究歴はかれこれ40年。福祉ビジネスの社会起業にも詳しい。地域福祉学会の会長を務めたこともある(現在は副会長)。全国校区・小地域福祉活動サミットの発起人の一人。近著に、共編著『持続可能な地域福祉のデザイン』(ミネルヴァ書房)









上林 康典(うえばやし やすのり)
 社会福祉法人大阪ボランティア協会常任運営委員長
 特例子会社勤務[企業在籍型ジョブコーチ]

上林康典高校一年生の夏、当協会が主催するワークキャンプで障害者施設を訪問したのをきっかけに、高校卒業後当協会の運営委員となる。以来現在に至るまで市民活動の世界にどっぷり浸ってきた。一方、大学卒業後は、大手在阪企業の特例子会社(重度障害者多数雇用事業所)に入社。20年以上に渡り、障害者雇用の現場から障害者の就労支援及び雇用継続の課題と向き合ってきた。日本人初の企業在籍型ジョブコーチ。








社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
email: office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

 

 

Copyright 1996 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.