大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

社会福祉法人大阪ボランティア協会 職員募集要項
現在、書類審査を進めているため、一旦応募受付は停止しております。ご了承ください。

大阪ボランティア協会では、新たに正職員候補の職員を募集します。
協会は、多様な人々の参加による社会問題の解決をめざして、ボランティアと職員がともに汗をかきながら、市民活動の推進を通じて様々な事業を展開している民間の市民活動センターです。協会の職員に求めることは、市民の「参加の力」を信じ、参加の機会をつくることを喜びとし、ボランティアやファンという仲間を広げながら、協会の事業推進を心から楽しめることです。私たちと一緒に働きませんか。協会のことが好きな、あなたの参加を心からお待ちしています。

要項のダウンロードはこちらから(PDF形式:約685KB、ウェブサイトと同じ内容です)
※PDF形式のファイルをご利用になるためには、「Adobe Reader」が必要です(外部サイトが開きます)。

職種

1.有期契約職員(正職員候補の職員。1年以内の契約で、正職員と同じ業務・時間で勤務する者(労働時間は週30時間から40時間以内を想定)。契約終了までに、本人が希望し、正職員としての適性が認められる場合は、採用面接を行い、正職員になることができます)
2.嘱託職員(1年以内の契約で、特定業務に携わり、正職員より所定労働時間が短い者。副業可。契約期間満了後、状況により契約を更新することがあります)

採用人数

若干名

雇用開始

2021年10月1日以降随時(ご本人の状況により、勤務開始日を早める、遅める等の相談は可能です)
※雇用開始後、3か月間の試用期間を設けます。

所定労働時間

1週間について40時間以内、1日について8時間以内とする。1週間の起算日は月曜日から。
(9:30〜18:30を主として、9:00〜18:00、12:00〜21:00などの組合せで勤務します)

休日等

週休2日(拠点の窓口業務や主催・共催事業運営等のため、月数回程度の土日祝勤務あり)。
年末年始(12/28-1/4)、協会が指定する日。(有給休暇などを除く)

給与

協会賃金規定により支給
〔経歴による給与加算制度あり。賞与・諸手当あり。社会保険完備。
(例)事務局長を除く正職員(平均年齢43.4歳)のフルタイムの場合、平均給与428万円

応募条件(期待すること)

1.当協会の理念・事業方針に共感している。
2.ボランティア・市民活動の経験があり、かつ、その可能性を信じるとともに、推進に強い関心がある。
3.事務力がある(パソコンやインターネット・SNS活用力、タスク管理力、論理力、数理力、応用力など)
4.多様な人々と協力しながら、役割分担をして事業を進めるのが好きである。
5.人が好きで、人づきあいを楽しめる。
6.文章の執筆や、人前で話すことに関心がある。
7.ゼロから有を生み出したり、現状を突破する企画を考えたり、マーケティング力や多様な資金調達力を駆使してファンドレイジングに取組んだり、そのような行動が苦にならない。
※学歴、職歴、年齢、性別、国籍などは不問(但し、業務上に必要な日本語能力がある方)

説明会

実施の予定はありませんが、個別に応じます。

応募方法

下記書類を作成し、ご応募ください。随時受付ます。
1.履歴書(Word形式:約24KB、現在、書類審査を進めているため、一旦ダウンロードは停止しております。ご了承ください。)
2.職務経歴書(形式自由・ボランティアセンターやNPO支援組織、NPO/NGO等の職員としての実績や、メンバーの育成やマネジメントに携わった経験が分かる内容もお書きください)
3.課題論文(以下を参考に、当協会が「多様な主体による連携と市民参加の促進によって、社会課題の解決や社会にうねりをつくり出すコーディネーション機関のモデルとなる」ための取組みについて、あなたの提案をお書きください)
 ・事務局スタッフの仕事
 ・「数字」で見る50年
 ・『ポスト50年』行動宣言
 ・2020年度事業報告書

選考スケジュール

<書類審査>随時結果を本人に通知します。
<面接審査>書類審査合格者を対象に面接審査を実施します(2、3回を想定)。
※受験に要する交通費などは支給できません。
※ボランティアコーディネーション力1・2級検定に合格している方、またはボランティアコーディネーション力を活かした事業展開の実績のある方、あるいは、認定(准認定)ファンドレイザーの資格を有している、または、ファンドレイジング力を生かした事業展開の実績のある方は、選考時に評価します。
※仮内定者に、健康診断書(提出日前3か月以内に受信したもの)、卒業証明書又は卒業見込証明書を提出いただきます。
※内定者には、2021年11月13日(土)〜14日(日)に行う「一泊創出会議」や2022年3月20日(日)か26(土)か27(日)に行う「事業計画会議」への参加を推奨します。参加は任意ですが、協会の事業運営スタッフと顔を合わせる絶好の機会ですので、参加をご検討ください。

連絡先

社会福祉法人 大阪ボランティア協会(担当:江渕、永井)
〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20-2F
Email:office@osakavol.org
TEL:06-6809-4901、FAX:06-6809-4902
https://www.osakavol.org/https://www.facebook.com/osakavol

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2−20 2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
Email: office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

Copyright 1996,2014 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.