大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOに ついて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンク・政策提言について知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

3. ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

ボランティアセンターやボランティア受入団体のボランティアコーディネーターや、NPO支援センタースタッフなど、ボランティア・NPOをサポートするスタッフ向けの事業も多数行っております。
また、様々なネットワークに参画し、基盤整備などに取り組んでいます。
研修の開催時期や参加方法、ネットワークへの参画方法、詳細内容のお問合せなどは、お電話かメール等でお問合せください。

お電話 06-6809-4901(月曜〜金曜10時〜18時)

メール office@osakavol.org

窓 口 担当が不在の場合がありますので、予約をとってお越しください。

ボランティアコーディネーター向け研修

毎年、新任ボランティアコーディネーター向け養成講座を実施しています(毎年7月頃開催)。また、分野別や、その時々のトピックスを取り上げた学習会なども随時開催しています。

「新任ボランティアコーディネーター基礎研修 〜わかる!できる!つなが る!ボランティアコーディネーション〜」(毎年7月頃開催予定)

⇒これまでの実績

大学ボランティアセンタースタッフのネットワーク

関西地区大学ボランティアセンター連絡協議会

関西地区の大学にあるボランティアセンターの担当者が集まり、事例検討や情報交換などを行っています。2009年4月に発足。年5回程度会議を開催しています。

NPO支援センタースタッフ向け研修

NPO支援センタースタッフが身に付けておくべきスキルを学ぶ研修を実施しています。

民ボラin大阪「市民活動の推進団体の危機管理体制、緊急対応を考える〜災害時に求められる役割と機能を果たすために〜」【開催は終了しました】

そもそも推進機関自身は、どのようにして事業を継続させる体制を組めば良いのでしょうか? 今回は市民活動の推進機関のBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)について考えます。

民ボラin大阪「市民セクターの次なる10年〜ドラッカー・未来の提言を題材に、市民活動の推進の今後のあり方を考える〜」【開催は終了しました】

P.ドラッカーが残した様々な提言を紐解き、参加者によるグループディスカッションを通じて、「市民セクターがなすべき次10年の仕事」について市民活動を推進する視点から考えます。

NPO支援センタースタッフのネットワーク

関西NPO支援センターネットワーク(KNN)

関西圏のNPO支援センターの運営などに関する共通の課題を共有し、ネットワークならではの強みを生かして検証作業や課題解決をめざすネットワーク組織として2005年4月に発足。2014年度より自立運営に向けて年度幹事制を導入。全体で行う研究会(年2〜3回程度)を中心に開催しています。

基盤整備・アドボカシー・ネットワークに関する取り組み

全国民間ボランティア・市民活動推進者企画戦略会議(民ボラ)【事務局:開催場所による】

独立系の市民活動推進センターの全国ネットワークとして、民間的自立度の高い市民活動推進機関を、広く参加対象とした会議です。

広がれ!ボランティアの輪・連絡会議【事務局:全国社会福祉協議会・全国ボランティア活動振興センター】

あらゆる市民が「いつでも、どこでも、誰でも、楽しく」ボランティア・市民活動に参加できるような環境づくり、気運づくりを図ることを目的とした全国的なボランティア・市民活動推進機関のネットワーク。協会は連絡会議の構成団体として参画し、幹事団体も引き受けている。

NPOの法制度等改革推進会議【事務局:日本NPOセンター】

NPO/NGOが一層自由で自立的な社会貢献活動を行えるよう、税・法人制度の改正および市民活動を発展させる仕組みに関する政策・施策をよりよくすることを目的に活動。協会は構成団体であり、世話団体も引き受けている。

NPO法人会計基準協議会(2011年度)【事務局:日本NPOセンター】

NPO法人会計基準の策定を行うために全国のNPO支援センターとともに結成し、2010年の「NPO法人会計基準」公表後は、会計基準に沿った財務諸表の作成や公表に関する相談・研修活動への支援に取組む組織。協会は会員として参加し、世話団体も引き受けている。

NPO法人会計基準策定協議会(2009年度)【事務局:シーズ・市民活動を支える制度をつくる会】

全国のNPO支援団体の有志から構成される時限的なネットワーク組織。NPO法人の会計基準を策定することを目標に、シーズ・市民活動を支える制度をつくる会やNPO会計税務専門家ネットワーク等、全国18のNPO支援団体(当協会も含む)が共同で呼びかけ設立し、2010年度に基準完成を目指しています。

みんなで使おう!NPO法人の会計基準
http://www.npokaikeikijun.jp/

近畿圏NPO支援センター連絡会議 【事務局:近畿労働金庫地域共生推進室】

近畿労働金庫主催の関西圏のNPO支援センター連絡会に参画し、NPO支援に関する情報交換などを実施しています。

社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク【事務局:日本NPOセンター】

NPO/NGOの自発的な参画と連携を通じて、セクター間の対話を促進し、市民セクターの定着と社会的な位置づけの向上を目指すとともに、あらゆる組織が社会的責任と信頼を高め、住みよい社会を創造することを目的として諸活動に取組むネットワークです。

CSRを応援するNPO・市民ネットワーク【事務局:ダイバーシティ研究所】

CSRへの関心が高まる中、NPOの視点でSRを推進していくための総合的なしくみの提供が必要です。そこで、専門性の異なる6つの団体で新たなCSR活動の視点を示したり、NPOがCSRを知り学ぶ機会を通して「対話のできるNPO」を掘り起こし、企業とNPOが連携を深めていくしくみを提案するネットワークです。

震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな) 【事務局:レスキューストックヤード】

阪神・淡路大震災を機に共生型社会の大切さに気づかされた全国に点在する人々が、互いの違いを認め合いながら、過去の災害が教えた課題をともに学び、提言し、今後の緊急時には共に動くことを目的としたネットワーク組織。災害支援NGOや中間新組織など約25団体が参加。

おおさか災害支援ネットワーク(OSN)【事務局:世話役7団体】

大阪での大規模災害時における被災者支援に必要となる、行政や関係機関、多様な市民セクター、企業・団体など広域的かつ効果的な連携ができる関係づくりと人材育成めざして年3回程度のネットワーク会議を開催。協会は設立当初から参画し、世話役団体も引き受けている。

関連するリンク

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町二丁目2−20 2階
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
email: office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

 

Copyright 1996,2017 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.