大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ウォロTOP
最新号のご案内

オピニオン
V時評

バックナンバー
ご紹介

定期購読について

ウォロについて

大阪ボランティア協会TOP

市民活動総合情報誌『ウォロ』

ボランティア・NPOをもう一歩深く! 大阪ボランティア協会が発行する市民活動総合情報誌です。 定期購読は、1年間3,300円(送料込み)。単品購入は、1冊550円(送料込み)です。

価格改定のご案内
マスコミ報道等でご存じのとおり、物流や印刷などの価格高騰が続いております。2019年10月の消費税引き上げに向けて、さらなる物価高騰が見込まれる状況です。 当協会におきましては、これまで諸経費の削減に努め、多くのボランティアにも支えていただき、価格の維持に努力してまいりました。しかし、大幅な制作費や送料の値上げを吸収しきれず、経営を圧迫する事態となっております。
つきましては、まことに遺憾ではございますが、下記の通り購読料を改定させていただくことになりました。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  変更前価格 変更後価格
ウォロ年間購読(6冊、送料込) 3,000円 3,300円
ウォロ定価(1冊、送料込) 500円 550円

価格改定の実施時期
 ・ウォロ年間購読:2019年度(ウォロ2019年4・5月号〜2020年2・3月号)
 ・ウォロ定価:2019年4・5月号〜

NEW!2019年4・5月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集:届け市民の声 政治と市民活動最前線】
・NPOと議員の円卓会議(浜松NPOネットワークセンター)
・首長選挙で公開質問状(岡山NPOセンター)
・市民活動と政治活動の線引きを考える
・市民による政策実現〜主役は当事者、政治のメカニズムを知り参加と協力で働きかける  松原 明氏(談)

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】
「私のトリセツ」って?
 谷川 耕一(社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会 事務局長)

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】
四半世紀の知らぬふり
堀田 力(弁護士、公益財団法人さわやか福祉財団 会長)

【熊本地震災害・熊本発〜現地から伝える「被災地の今」】
地域を活性化する支援活動が求められる
樋口 務(くまもと災害ボランティア団体ネットワーク 代表理事)

【V時評】
1.「安全」を脅かす同調者だけの空間
2.市民活動推進に人権感覚が必要なわけ

【ドクター長浜のソーシャルマネジメントの処方箋】
ソーシャル・キャピタルと地方創生
長浜 洋二(モジョコンサルティング合同会社 代表)

【現場は語る〜コーディネートの現場から】
多様化する依頼に標準ガイドラインを策定
〜大学ボランティアセンター連絡会の取り組み
戸谷 富江(学校法人玉田学園法人本部社会連携課 主任コーディネーター、神戸常盤ボランティアセンター ボランティアコーディネーター)

【言葉 歴史の中のボランタリズム】
今後の余生、命のあらむ限り、社会政策のため没頭せんとするものである。 加藤時次郎

【ウォロ'sトピック】
市民発のSDGsアクションプラン、進行中
 稲場 雅紀(一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク 業務執行理事)

【この人に】
玉木 幸則さん(西宮市社会福祉協議会地域生活支援課地域福祉権利擁護係 係長、「バリバラ」コメンテーター)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】
「Social Book Cafe ハチドリ舎」/『沈没家族 劇場版』/書籍紹介

【傍聴カフェ〜裁判からみえる社会】
ケースNo.12「炊き出しの殺人未遂」

2019年2・3月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集:市民活動助成金の今】
・誰が、何に出すお金? 市民活動助成金のバリエーション
・ベテラン選考委員 覆面インタビュー
・2020年頃活動助成が開始か 休眠預金活用政策の概要
・コミュニティ系助成金とは何か? 地域で循環する助成金は市民を元気にする源泉である
・助成財団の実際〜トヨタ財団の国内助成プログラムを例に  喜田 亮子(公益財団法人トヨタ財団プログラムオフィサー 国内助成グループ グループリーダー)
・助成の役割と評価
 片山 正夫(公益財団法人セゾン文化財団 理事長)

【ウォロ'sトピック】
G20と市民社会 〜C20に私たちのパッションを!
 三輪 敦子(一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪) 所長)

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】
「マンスプレイニング」って?
 仁科 あゆ美(一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団 理事兼本部長)

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】
介護保険への"カメ風"に抗した日
樋口 恵子(評論家、NPO法人高齢社会をよくする女性の会 理事長)

【東日本大震災 気仙沼市発〜現地から伝える「被災地の今」】
投稿がひらく被災者の心のとびら
布田 剛(認定NPO法人地星社 代表理事)

【V時評】
1.神戸レインボーハウス20年
2.市民が裁判員を経験することの意味

【ドクター長浜のソーシャルマネジメントの処方箋】
五つのアプローチで組織を支援する!
長浜 洋二(モジョコンサルティング合同会社 代表)

【現場は語る〜コーディネートの現場から】
西日本豪雨災害ボランティア 高校生が大活躍
佐野 裕二(社会福祉法人総社市社会福祉協議会 事務局長/総社市災害ボランティアセンター長)

【市民活動の暦(こよみ)〜2月、3月にあったこと 】
100年前……「大原社会問題研究所」設立

【U35】
天野 浩史さん(NPO法人静岡フューチャーセンター・サポートネットESUNE 代表理事)

【この人に】
中村 敦夫さん(俳優、作家)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】
「ブック&カフェ ココアル」/『百年の蔵』/書籍紹介

【傍聴カフェ〜裁判からみえる社会】
ケースNo.11「高齢者虐待の殺人未遂」

2018年12月・2019年1月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集:支援団体とボランティアが支える災害時のスペシャルニーズ】
[災害時におけるスペシャルニーズ支援団体のボランティア受け入れ]
 萬代 由希子(関西福祉大学社会福祉学部准教授)
[災害時のスペシャルニーズ支援活動の分類]
[事例1: 津波で施設が壊滅 ボランティアと取り組んだ被災地支援〜「住民互助福祉団体ささえ愛山元」の事例]
[事例2: 熊本地震におけるボランティアの活躍〜障害者支援NPO「にしはらたんぽぽハウス」の事例]
 岡村 こず恵(甲南大学)
[外国人支援――公的な位置付けが必要]
 田村太郎さん談(一般財団法人ダイバーシティ研究所代表理事、復興庁復興推進参与)
[災害時における支援団体のボランティア受け入れの課題と提言]
 萬代 由希子(関西福祉大学社会福祉学部准教授)
[専門知識や経験がなくてもスペシャルニーズをサポートできる ボランティアメニューの例]

【ウォロ'sトピック】
NPOのパワーの源泉は「参加」と「協力」
〜NPO法20周年・新公益法人制度10周年関西学習会

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】
「フューチャーセンター」って?

【東日本大震災 関西発〜現地から伝える「被災地の今」】
東日本大震災避難者の会Thanks & Dream(サンドリ)の「伝える」活動
森松 明希子(東日本大震災避難者の会Thanks & Dream(サンドリ)代表)

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】
5万時間の1日〜チェルノブイリの医療支援が結実した日
橋 卓志

【V時評】
情報交換と共有ができない――パノプティコン社会に想う

【ドクター長浜のソーシャルマネジメントの処方箋】
会員制度の基本をおさえる!
長浜 洋二(モジョコンサルティング合同会社 代表)

【現場は語る〜コーディネートの現場から】
障害がある生徒の校内支援の課題
椋木 美緒(大阪ボランティア協会 ボランティアコーディネーター)

【市民活動の暦(こよみ)〜12月、1月にあったこと 】
50年前……群馬県高崎市で「高崎哲学堂」設立運動起こる

【U35】
沼田 翔二朗さん(特定非営利活動法人Design Net-works Association(DNA) 代表理事)

【この人に】
池谷 薫さん(映画監督、甲南女子大学教授)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】
「ビア&カフェBERG」/『イザイホウ――神の島・久高島の祭祀』/書籍紹介

【傍聴カフェ〜裁判からみえる社会】
ケースNo.10「進行性難病患者の殺人」

NEW!2018年10月・11月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集:"官設民営型"市民活動センターの現状とこれから
 NPO法20年・指定管理者制度15年目に考える「協働」】

アンケート調査からみえる現状と課題
官設民営市民活動センター運営例1:  関市市民活動センター
官設民営市民活動センター運営例2:  瀬戸市市民活動センター
官設民営市民活動センター運営例3: 岡山県ボランティア・NPO活動支援センター
官設民営市民活動センター運営例4: 藤沢市市民活動推進センター
官設民営センターこそ協働のモデルとなる運営を!
 伊藤久雄さん談(認定NPO法人まちぽっと 理事)

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】
「優生思想」って?

【東日本大震災 いわき市発〜現地から伝える「被災地の今」】
住民の声を反映させながら進める復興のまちづくり
掃部 郁子(NPO法人うつくしまブランチ 理事)

【V時評】
1.ダイバーシティ職場としてのNPO
2.避難所が象徴する災害対策の貧しさ

【ドクター長浜のソーシャルマネジメントの処方箋】
個人のコミュニケーション力を問い直す!
長浜 洋二(モジョコンサルティング合同会社 代表)

【現場は語る〜コーディネートの現場から】
誰もがその人らしく生き抜く長寿社会の実現に向けて 〜5年目を迎えた「長野県シニア活動推進コーディネーター」〜
戸田 千登美(公益財団法人長野県長寿社会開発センター 主任シニア活動推進コーディネーター)

【市民活動の暦(こよみ)〜10月、11月にあったこと 】
30年前……「過労死弁護団全国連絡会議」結成

【U35】
城宝 薫さん(株式会社テーブルクロス 代表取締役)

【この人に】
稲葉 剛さん(一般社団法人つくろい東京ファンド 代表理事)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】
「クーネロコ」/『愛と法』/書籍紹介

【傍聴カフェ〜裁判からみえる社会】
ケースNo.9「知的障害者の放火」

2018年8月・9月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集:障害や疾病がある人の「働く」を支える】
難病患者の「困った」:駅までの200メートルが就労の壁に 難病患者が働けない現実  ぐれいす(モデル)
障害者の「困った」:「働く障害者」が働き続けるために  上林康則さん談(社会福祉法人大阪ボランティア協会常任運営委員長、特例子会社勤務)
「働き続ける」を支える政策と市民活動 細井 清和さん協力(障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議 執行委員) 事例:「がんと就労」に焦点当て活動 CSRプロジェクト
事例:仲間づくりと企業・社会への啓発 DDAC(発達障害をもつ大人の会)

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】
「#Me Too」って?

【ウォロ'sトピック】
大阪北部地震の見えない被害

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】
タイの障害者よ町へ出よう ――バンコクの長い夜
石田 易司(桃山学院大学名誉教授)

【鬼怒川水害 常総市発〜現地から伝える「被災地の今」】
広げたい地域防災 住民参加の避難所整備
横田能洋(認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ 代表理事)

【V時評】
1.オリンピックボランティアをめぐる課題
2.市民活動における「合宿」の効用

【ドクター長浜のソーシャルマネジメントの処方箋】
営利ビジネスと社会課題を解決するビジネスの違い
長浜 洋二(モジョコンサルティング合同会社 代表)

【現場は語る〜コーディネートの現場から】
京都動物愛護センターのボランティアコーディネート 自主性を促す仕組みとコミュニケーション
岡本 卓也(まちとしごと総合研究所)

【市民活動の暦(こよみ)〜8月、9月にあったこと 】
140年前……高知県の楠瀬喜多が女性戸主として区会議員選挙での選挙権を要求

【U35】
井上 泰孝さん(特定非営利活動法人Creche(クレイシュ) 代表理事)

【この人に】
望月 衣塑子さん(東京新聞社会部記者)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】
「まめ書房」/『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年』/書籍紹介

【傍聴カフェ〜裁判からみえる社会】
ケースNo.8「銀行カードローン殺人」

2018年6月・7月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集:市民活動と司法 弁護士との協働で広がる可能性】
トップ対談「市民活動と弁護士との協働をめざして―よりよい社会づくりのために」
竹岡 富美男さん(大阪弁護士会 会長)×永井 美佳(大阪ボランティア協会 事務局長)
市民活動と司法との接点
明賀 英樹(弁護士、大阪ボランティア協会「"裁判員ACT"裁判への市民参加を進める会」メンバー)
市民活動と司法の協働事例1〜3
弁護士さんとお付き合いするための基礎知識

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】100回記念
「うぉろ君」って?/うぉろ君のいろんなシーンで使えるカット集

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】
里親不要の社会につながる活動を訴え…… 私の一番長い一年
岩崎 美枝子(公益社団法人家庭養護促進協会 理事)

【ウォロ'sトピック】
障害者の就労支援事業は収益事業か 法人税納税義務の有無を考える
岩永清滋さん(談)(税理士・公認会計士)

【V時評】
1.「動員」されないために 社会の実相に目を
2.休眠預金活用への不信高めた内閣府のパブコメ対応

【ドクター長浜のソーシャルマネジメントの処方箋】
「スマイル日光プロジェクト」にみる地域企業のCSR
長浜 洋二(モジョコンサルティング合同会社 代表)

【現場は語る〜コーディネートの現場から】
学生の力を引き出した 平成29年九州北部豪雨災害支援拠点「うきはベース」の取り組み
山口 由美子(学校法人西南学院 総務部 キリスト教活動支援課ボランティアセンター事務室 副課長)

【市民活動の暦(こよみ)〜6月、7月にあったこと 】
20年前……「『らい予防法』違憲国家賠償請求訴訟」提訴

【U35】
竹山 実李さん(株式会社氷川のぎろっちょ 代表取締役社長)

【この人に】
亀石 倫子さん(弁護士)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】
「カフェ潮の路」/『まぶいぐみ〜ニューカレドニア引き裂かれた移民史〜』/書籍紹介

【傍聴カフェ〜裁判からみえる社会】
ケースNo.7「未成年の密輸」

2018年4月・5月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集:活動したい市民団体 私の選択】
日本クリニクラウン協会
Design Net-works Association(DNA)
トイボックス
舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)
伊賀市社会福祉協議会 いがぐりプロジェクト
Homedoor
東日本大震災復興支援財団
沖縄NGOセンター 他

「参加」が生み出す素敵な変化

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】
それはやっぱりNPO法成立の日
山岡 義典(市民社会創造ファンド 運営委員長)

【熊本地震災害 熊本発〜現地から伝える「被災地の今」】
世代間交流でコミュニティ形成の場へ
照谷 明日香(熊本学園大学ボランティアセンターボランティア・コーディネーター)

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】
「持続可能な開発」って?

【V時評】
石牟礼道子さんを偲ぶ

【続・マーケティングは愛だ ドクター長浜と悩めるNPO】
協働の一歩先を行く!
長浜 洋二(モジョコンサルティング合同会社 代表)

【現場は語る〜コーディネートの現場から】
ボランティアコーディネーターのエンパワメントを目指す場づくりの実践から
西木 奈央(京都府社会福祉協議会)

【市民活動の暦(こよみ)〜4月、5月にあったこと
40年前……4月「男の子育てを考える会」結成

【U35】
藤本 遼さん(尼崎ENGAWA化計画代表、場を編む人)

【この人に】
今井 紀明さん(認定NPO法人D×P 理事長)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】
「カフェ デ コラソン」/『願いと揺らぎ』/書籍紹介

【傍聴カフェ〜裁判からみえる社会】
ケースNo.6「ひきこもり殺人」

問合せ

社会福祉法人大阪ボランティア協会 市民活動総合情報誌『ウォロ』
〒540-0012 大阪市中央区谷町二丁目2−20 2階
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4903、FAX 06-6809-4902
Eメール:office@osakavol.org

※この事業は、運営経費の一部を「大阪府共同募金会」の助成を受けて実施しています。大阪府共同募金会

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町二丁目2−20 2階
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

Copyright 1996,2016 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.