大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

フィランソロピー・CSRリンクアップフォーラム オープンフォーラム
「社会的孤立の抑制・解消」 〜コロナ禍の中での取り組みについて〜

フィランソロピー・CSRリンクアップフォーラムとは、企業のCSR推進担 当者や社会貢献担当者が2か月に1回、CSR推進や社会貢献、SDGsにまつわる トピックについて学び、議論を行う、いつもは会員限定のフォーラムです。 「社会的孤立の抑制・解消 〜コロナ禍の中での取り組みについて〜」 今年度は初めて、リンクアップフォーラム会員以外の企業・NPO(団体)に も参加していただき、企業とNPO・団体の出会いの場となり、NPOと企業が議 論できる場になればと企画しました。 テーマは「社会的孤立の抑制・解消」 〜コロナ禍の中での取り組みについて 〜とし、藤田 孝典氏(NPO法人ほっとプラス理事)に「コロナ禍の貧困につ いて」の話題提供をいただいた後、NPO(団体)5団体の現場での取り組み事 例&意見交換会も企画しています!! NPO(団体)のみなさまは、オープンフォーラムに限り参加費無料。 奮ってご参加ください!!

日時

2021年12月14日(火)14時〜17時30分(Web入場:13時45分〜)

会場

オンライン(Zoom)
※開催前日までに、ZoomのURLをお知らせします。

内容

1)講演「コロナ禍の貧困について」藤田孝典氏(NPO法人ほっとプラス理事)
2)NPO(団体)の取組み事例&意見交換会
  ・特定非営利活動法人 いくの学園 相談員 マイク氏
  ・認定特定非営利活動法人 D×P 広報・ファンドレイジング部 熊井 香織氏
  ・社会福祉法人 豊中市社会福祉協議会 福祉推進室長 勝部 麗子氏
  ・認定NPO法人 ビッグイシュー基金 事務局長 高野 太一氏
  ・Minamiこども教室 副実行委員長 原 めぐみ氏

参加費(当日払い)

 ・会員:無料
 ・非会員(NPO・団体):無料
     (企業):2,000円(1名に付き)

定員

100人(定員になり次第、締め切ります)

申込方法

講師・NPO(団体)プロフィール

藤田孝典さん(生存のためのコロナ対策ネットワーク共同代表)
藤田孝典さん 首都圏で生活困窮者支援を行うソーシャルワーカー。生存のためのコロナ対策ネットワーク共同代表。聖学院大学心理福祉学部客員准教授。四国学院大学客員教授。NPO法人ほっとプラス理事。反貧困ネットワーク埼玉代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員(2012年)。著書に『コロナ貧困』(毎日新聞出版2021)『棄民世代』(SB新書2020)『中高年ひきこもり』(扶桑社2019)『貧困クライシス』(毎日新聞出版 2017)『続・下流老人』『下流老人』(朝日新聞出版 2015・2016)『貧困世代』(講談社 2016)など多数。
マイクさん(認定NPO法人 いくの学園 相談員)
マイクさん 団体ホームページ:https://ikunogakuen.org/
いくの学園の前身は婦人保護施設で、民間シェルターになって23年。主な活動は、DVや虐待など暴力に関する電話相談、法律相談、避難した人への一時保護、その後の支援、そして啓発。対象はLGBTも含めて、性別や国籍は問わない。
熊井香織さん(認定NPO法人 D×P 広報・ファンドレイジング部)
熊井香織さん 団体ホームページ:https://www.dreampossibility.com/
D×Pは10代の孤立を解決するNPOです。10代の孤立は経済的困難、不登校、進路未決定など安心できる場を失ったときに起こります。D×Pは学校とLINE相談で10代と出会い、つながりをつくります。
勝部麗子さん(社会福祉法人 豊中市社会福祉協議会 福祉推進室長)
勝部麗子さん 団体ホームページ:https://www.toyonaka-shakyo.or.jp/
http://www.toyonaka-shakyo-vc.org/aguri0522/blog2.html
豊中市社会福祉協議会が、定年後の男性の居場所と役割づくりとして始めた豊中あぐり。活動拠点は8か所に。野菜作りと地域福祉の担い手として大いに活躍している。地域共生拠点としての豊中あぐりパークでは子供や外国人、認知症の皆さんも一緒にいもほりを。芋焼酎にシークワーサービールまで六次化も取り組んでいる。
高野太一さん(認定NPO法人 ビッグイシュー基金 事務局長)
高野太一さん 団体ホームページ:https://bigissue.or.jp/
ビッグイシュー基金は、ホームレスの人たちを中心に困窮者の自立・自活応援、ホームレス問題解決のネットワークづくりと政策提案、ボランティア活動と市民参加の3つの事業を柱に活動し、貧困問題の解決と、「誰にでも居場所と出番のある包摂社会」の形成を目指します。
原めぐみ さん(Minamiこども教室 副実行委員長)
原めぐみさん 団体ホームページ:開設準備中。Facebookで『Minamiこども教室』と検索ください!
「Minamiこども教室」は、外国にルーツをもつ子どものための学習教室です。大阪市中央区にて、毎週火曜日に、小学生・中学生・高校生とボランティアが集まってワイワイ勉強しています。外国人の保護者の相談にものっています。

プログラム

時間

 内容

登壇者

14:00〜14:05

開会挨拶

14:05〜15:05

1)話題提供 「コロナ禍の貧困について」
・内容:2021年度年間テーマ「コロナ禍で社会は、企業はどう変わる。SDGsの視点から考える」に沿って今回は、
@コロナ禍でのでの日本の貧困と生活困窮問題(子どもの貧困や高齢者の生活困窮者等)について。
Aソーシャルワーカーとして他人事ではなく、個人として、または企業として(NPOと組んで等)何ができるか。
Bコロナ禍での貧困と生活困窮問題について企業に望むこと
※上記3点について、具体的な数値、取り組み事例などのご紹介を含めてお話しをいただきます。

・講師:藤田孝典(ふじた たかのり)さん

15:05〜15:20

全体質疑応答

 

15:20〜15:45

2)【NPO(団体)5団体】(団体名50音順)活動報告、意見交換会と全体共有
●活動報告(各団体5分:25分)
  ・各団体からテーマに沿った取組みについてお話しいただきます。

@認定NPO法人 いくの学園
A認定NPO法人 D×P
B社会福祉法人 豊中市社会福祉協議会
C認定NPO法人 ビッグイシュー基金
DMinamiこども教室

15:45〜15:55

休憩

 

15:55〜17:05

●意見交換会(1回20分×3回:60分)
   ・ご希望の3つの団体とグループでの意見交換(質問・今後の協働について)を実施していただきます。
※Zoomのブレイクアウトルームを使って、グループ分けをします。

 

17:05〜17:25

●意見交換会の感想・協働の可能性などについて報告(各団体4分:20分)
 ・活動報告団体から、企業との意見交換での感想・協働の可能性などについて報告していただきます。

17:30

フォーラム終了

 

問合せ先・事務局

社会福祉法人大阪ボランティア協会 担当:谷垣
〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL:06-6809-4901、Email:office@osakavol.org

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

Copyright 1996 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.