出版・図書

PUBLISHING / BOOKS

寄付する・会員になる

ボラ協を知る

ボランティアする・募る

学ぶ・深める

ボランティア・NPOをもう一歩深く!
大阪ボランティア協会が発行する市民活動総合情報誌です。
定期購読は、1年間3,300円(送料込み)。単品購入は、1冊550円(送料込み)です。

「ウォロ」からの最新情報をFacebookでチェック!

ウォロ公式Facebookでは、ウォロ最新号の情報や編集の裏話などを発信しています。
是非フォローしてください!

最新号のご案内

  • 2022年4月・5月号

    2022年4月・5月号

    特集

    情報公開が社会を進化させる

    • 行政の独占から市民との共有へ 情報公開の機能と成果
    • 水道民営化に待った! 知って・生かす行政情報
      武田 かおり(NPO法人AMネット 事務局長)
    • 情報公開と市民活動
      奥津 茂樹(NPO法人情報公開クリアリングハウス 理事)

バックナンバー

ウォロとは

1966年創刊(2002年12月号までの誌名は『月刊ボランティア』)。
2003年に『ウォロ(Volo)』と誌名を変更し、新創刊。2014年4月から隔月刊に。
2015年4・5月号で通巻500号、2016年7月には創刊50周年を迎えました。
『ウォロ』は一貫して「市民が主体的に関わることの大切さ」を伝えてきました。
分野・セクターを越えた社会的課題に市民がいかに関わるかを
独自のアプローチでタイムリーに発信しています。

「ウォロ」という言葉の由来

【volo(ウォロ)】とは古典ラテン語で「喜んで~する」「~したい」を意味する。英語will(意志)の語源。volunteer(ボランティア)の語源voluntas(ウォルンタース)は、【volo(ウォロ)】に由来する。古典ラテン語にはVとUの区別がなく【ウォロ】と発音。ちなみに【volo(ウォロ)】に命令法はない。

編集要綱

  • 1

    1966年に発刊された日本でもっとも歴史があるボランティア・NPO/NGO活動の総合情報誌の一つであり、常に時代の一歩先を読み、新しい課題の発見や提言に努めるオピニオン誌です。

  • 2

    ボランティア・NPO/NGO活動を「市民自治」の一つの表現としてとらえ、その促進を通じて民主主義の成長と発展をめざします。

  • 3

    社会問題そのものの紹介よりも、その問題に市民やNPO/NGOがどのようにかかわっているのか、また、かかわる必要があるのか、という視点を大切にします。

  • 4

    企画、取材、執筆、編集、校正、発送など、誌面作成の過程へのボランティアの参加をはかり、誌面づくりにおいて、同じ市民としての共感性や仲間としての批判性を大切にします。

  • 5

    読者からの記事への批判・抗議等に対してはその主張を誠実に受けとめ、必要があれば、記事の訂正・謝罪をおこなうか、反論の誌面を提供します。

編集・発行体制

『ウォロ』自身が市民参加の場となるよう、20人以上のボランティア編集委員とともに編集・発行しています。

発行者 早瀬 昇
編集責任者 永井 美佳
編集委員長 増田 宏幸    団体職員
編集委員

浅野 信之グラフィックデザイナー

阿部 太極平野区区政

磯辺 康子ライター

稲田 千紘調査会社勤務

大島 一晃場とつながりの研究センター事務局長

工藤 宏司大阪府立大学教員

久保 友美ボランティア・市民活動ライブラリー館長

神野 武美フリージャーナリスト

杉浦 健共働プラットフォーム

大門 秀幸自治体職員

竹内 友章ウォロ編集委員

垂井 加寿恵神戸学院大学

筒井 のり子龍谷大学教員

鳥越 美世子創作サポートセンター

永井 美佳大阪ボランティア協会常務理事・事務局長

中川 智子メーカー勤務 CSR担当

中田 万葉メーカー勤務

野崎 瑛海会社員

華房 ひろ子ライフコーチ

早瀬 昇大阪ボランティア協会理事長

牧口 明たかつき市民活動ネットワーク副理事長

村岡 正司大阪ボランティア協会常任運営委員

百瀬 真友美編集事務所自営

山中 大輔団体職員

山本 佳史一般社団法人ソーシャルギルド

編集・制作 ハンドレッドラボ株式会社
デザイン/DTP ADOアサノデザインオフィス
発送協力 トミの会/元久の会/梅田 茂/岸田 和弘/清本 千穂/中野 伊津子/福満 奈都/松本雄二/山中 不二
事務局 大阪ボランティア協会『ウォロ』編集部