大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

全国ボランタリズム推進団体会議(通称:民ボラ)in大阪(第38回)
〜いま、自らに問う、ボランタリズム〜

ボランタリズムを推し進める上でのいろいろな課題を協議するなかで、ボランティア活動推進団体やNPO支援センターのミッション・運営のあり方を考える場として開催します。理事、監事、ボランティア、事務局員など、民間非営利団体の組織運営にかかわるすべてのみなさまにご注目いただきたいプログラムです。
ふるってご参加ください。

※期間限定でアーカイブ(録画映像)配信による見逃し視聴を可能にする予定です(講演部分のみ)。
※本事業の一部は、NHK歳末たすけあい配分金事業として実施しています。

日時

2021年7月3日(土)13時〜18時20分、7月4日(日)9時〜12時50分

場所

オンライン
 ※開催の2〜3日前に、ZoomURLをお知らせします。

対象

全国のボランティア・市民活動推進団体の役職員・スタッフ、関心のある方

定員

先着100名
※100名を超えた場合、LIVE配信のご案内となります。

参加費

〈銀行振込みの方〉
両日参加 4,000円/人
7/3土のみ参加 2,500円/人
7/4日のみ参加 2,000円/人
※振込手数料はご負担ください。
※申込受付後に参加費振込先を案内します。
〈クレジット、コンビニ払いの方〉
両日参加 4,400円/人
7/3土のみ参加 2,800円/人
7/4日のみ参加 2,300円/人
※クレジット、コンビニ払いの方は手数料が込み(Peatix利用)になります。
※お一人ずつお申込みください(1人の申込みで複数での視聴はしないでください)。

申込方法

銀行振込をご希望の方の申込フォーム(フォームズ)はこちら
クレジット決裁をご希望の方の申込フォーム(Peatix)はこちら
※開催の2〜3日前に、Zoom の URL とパスワードをお送りします。

問合せ

社会福祉法人大阪ボランティア協会(担当:永井・梅田)
TEL:06-6809-4901 FAX:06-6809-4902 E-mail:office@osakavol.org
ホームページ:http://www.osakavol.org/

プログラムと講師

2021年7月3日(土)

時間

内容・講師

12時40分

受付開始
 ※以降のプログラムは開始時間の10分前にZoom開場・受付開始

13時00分

開会あいさつ

13時10分

【基調発題】
・テーマ:『同調圧力』を考える−自粛強制の時代、市民の自由をどう拓くか−
・ゲスト:佐藤直樹さん(九州工業大学名誉教授)
・聞き手:早瀬昇さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会理事長)
・内容:コロナ禍で広がった「自粛」ですが、「自粛する」は英語でvoluntarily refrain。本来、自主的な行為を、公権力をもつ政府や首長が要請し、強制された自主活動が求められる状況が広がっています。さらに、自粛警察という名の一種のボランティア活動まで起こっています。
 本来、自発的活動は、言われなくてもするものであると同時に、言われても(納得しなかったら)しない自由な活動です。しかし昨今の状況は、人々の自由な行動を「世間」の圧力によって押さえつける事態が進行しています。
 昨年、鴻上尚史氏との対談集『同調圧力』をまとめられた佐藤直樹氏とともに、この状況をどうとらえ、どう行動していくかを考えます。
・こんな人にオススメ:多様な生き方、個々の違いを尊重し合いつつ、参加と協力、連帯を紡ぎたい全ての人!!など

14時40分

休憩

15時00分

【分科会1】※1・2のいずれかを選択
・テーマ:若者のボランティアとワークキャンプ−泊まって語る・体験・体感することがもたらすもの−
・事例提供:長瀬健太郎さん(NPO法人good!)
・事例提供:名賀亨さん(華頂短期大学准教授)
・事例提供:竹田純子さん(龍谷大学ボランティア・NPO活動センターボランティアコーディネーター)
・コーディネーター:枝見太朗さん(一般財団法人富士福祉事業団理事長)
・内容:予め決まった役割へのボランティア募集や、キャリア形成型のボランティア希望が多くみられる昨今、あらためてワークキャンプなど宿泊やちょっとハードな体験の機会をもつ中でとことん話し合い・体感することを通して自らのパッションやモチベーションに気づき、高めていける可能性があるのか、自らの意思による社会参加に変わっていくきっかけとして有効なのかを考えます。
・こんな人にオススメ:若者のボランティア参加について考えている人、ワークキャンプをしたことがないけど興味のある人など

【分科会2】※1・2のいずれかを選択
・テーマ:災害時にも誰も取り残さないために−中間支援組織の役割を改めて考える−
・事例提供:横田能洋さん(認定NPO法人茨城NPOセンターコモンズ代表理事)
・事例提供:加納基成さん(NPO法人ディープデモクラシー・センター副代表理事、千葉南部災害支援センター、ちば居住支援センター・センター長)
・問題提起:矢野正広さん(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク理事長)
・問題提起:鍋嶋洋子さん(認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ事務局長)
・内容:毎年のように自然災害が発生し、その頻度も規模も大きくなっている中、各地で行政、社協、中間支援組織、NPO等による「三者連携」が言われ、国の防災計画の中にも「中間支援組織との連携」がうたわれています。一方、災害時の役割分担なども不明確なまま「連携」という言葉だけが先行しているケースも見られます。災害時にも“誰一人取り残さない”ために、過去の災害支援の事例から災害時の中間支援組織の役割と連携について改めて考えます。
・こんな人にオススメ:ボランティア・市民活動センター、社会福祉協議会、災害ボランティア、行政、災害支援に関心のある人など

17時00分

休憩

17時20分

【アドボカシー】
・テーマ:原発避難者の支援の10年と今後の支援−行きづまった支援策と、将来の支援(+アドボカシー)について−
・報告:鍋嶋洋子さん(認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ事務局長)
・報告:服部育代さん(一般社団法人ほっと岡山代表)
・報告:斉藤容子さん(関西学院大学災害復興制度研究所准教授)
・報告:坪井塑太郎さん(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク元職員)
・コメント:山崎栄一さん(関西大学社会安全学部教授)
・進行:矢野正広さん(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク理事長)
・内容:打つ手がない「原発事故被害者の支援」を現場から報告し、今後も原発が稼働するなら必要な政策・立法、民間の支援策について、報告と調査から考えます。ふくしま連携復興センターから「生活再建支援拠点事業」を委託された全国の26の支援拠点のうち千葉、岡山、栃木から、何が支援で大変だったか(強制避難/自主避難の支援格差、母子避難の現実等)を報告。さらに「関西学院大復興制度研究会」調査報告、「とちぎVネット避難者10年目調査」報告書、災害と法律・政策の概要などから、必要な民間支援、国の政策・立法を考えます。
論点として、@「復興」ではない“たてなおし概念”の設定、A現行の政策の不備の検証と必要な支援策(政府、民間)の検討とそのための立法、とします。
・こんな人にオススメ:今後も起こりうる「国内避難民問題」の支援、政策、立法に関心のある人。民間の支援策を講じたい人・団体。災害時の移住・定着問題に関心のある人など

18時20分

初日終了

2021年7月4日(日)

時間

内容・講師

9時00分

【分科会3】※3・4のいずれかを選択
・テーマ:民間とは?民間性を維持する財源とは?−コロナ禍での事例を基に、民間性を支える財源、脅かす財源を考える−
・事例提供:矢野正広さん(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク理事長)
・事例提供:田辺光正さん(NPO法人山梨県ボランティア協会事務局長)
・事例提供:土屋茂さん(NPO法人にじいろのわ理事長)
・問題提起・コーディネーター:大野覚さん(認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ事務局長)
・内容:民ボラでは、「民間」であることを大事にしています。そもそもその「民間」性とは何か、その民間性を維持するための財源確保とは、どのような意味があり、どのように財源確保を実現するかを考えます。また、コロナ禍での市民活動支援組織を対象とした調査結果なども活用しながら、今後の中間支援組織の役割や生存戦略を考えます。
・こんな人にオススメ:ボランティアセンター、市民活動センターなど中間支援組織の人など

【分科会4】※3・4のいずれかを選択
・テーマ:ボランティア再考−ボランティアはネコ?ならば、どうすればマネジメントできるのか?−
・ファイター:松原明さん(認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会元代表理事)
・ファイター:早瀬昇さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会理事長)
・司会&つっこみ:鍋嶋洋子さん(認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ事務局長)
・内容:早瀬いわく「ボランティアはネコである」。では、気ままなネコに、いかにして、提案する活動メニューをしてもらえるか?ボランティアマネジメントの最大の問題はここにあります。これに対する、一般的な解である共感アプローチ、早瀬が主張する、社会的な意義づけアプローチ。松原が提唱する、協力のテクノロジーによる、相利性アプローチ。この3つの解を整理し、違いを戦わせて、自発性・自律性議論における最大の課題に迫ります。
・こんな人にオススメ:ボランティアマネジメントやコーディネートにおいて、ボランティアの自発性・自律性の尊重、ボランティア参加者の拡大に関して、悩みを抱えている人など

11時00分

休憩

11時20分

【クロージング発題】
・テーマ:最後のひとりまであきらめない−支援から取りこぼされる地域、人とともに−
・ゲスト:吉椿雅道さん(CODE海外災害援助市民センター事務局長)
・ゲスト:金光敏さん(NPO法人コリアNGOセンター理事兼事務局長)
・問題提起・コーディネーター:青山織衣さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会ボランティアコーディネーター)
・内容:「持続可能な開発目標」(SDGs)を中核とする「持続可な開発のための2030アジェンダ」の「行動の10年」がスタートしたことをふまえて、支援から取りこぼされる地域、人を優先して取組むNPO/NGOの実践について、分野を超えて分かち合う機会とします。災害支援、多文化共生、ボランティア活動推進などの現場で、支援から取りこぼされる地域、人を優先して取組むNPO/NGOの実践を聞き、参加者を交えたクロストークセッションを受けて、マインドセットする機会とします。
・こんな人にオススメ:「最後のひとりまであきらめない」を実践している(したい)NPO/NGOの人、テーマに関心のある人など

12時45分

閉会あいさつ

12時50分

終了

講師プロフィール

佐藤直樹さん(九州工業大学名誉教授)
佐藤直樹さん 1951年生まれ。専門は世間学、刑事法学。日本世間学会幹事。著書に『目くじら社会の人間関係』『加害者家族バッシング』『なぜ日本人は世間と寝たがるのか』など。
早瀬昇さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会理事長)
早瀬昇さん 1955年生。理科系の大学に進学するも、入学直後に大阪ボランティア協会と出会い、以後、市民活動三昧。現在、さまざまな団体の役員などの他、同志社大学政策学部客員教授も務める。
長瀬健太郎さん(NPO法人good!)
長瀬健太郎さん 愛知県名古屋市出身。学生時代は、体育会の部活に明け暮れる毎日。そんな中、たまたま見つけたフィ リピンのワークキャンプに参加。世界が大きく広がるのを感じた。大学卒業後、通信制の大学で教職免許取得するも、教員の道には進まず、「若者が視野を広げるきっかけを作りたい」という想いでグッドのスタッフとして働き始める。数年のつもりで住み込みで働き始め、今年で14年目。24時間、365日共同生活をしながら、事務所を訪れる若者たちと、日々向き合い続けている。
2011年〜2014年には、日本財団学生ボランティアセンター(GAKUVO)復興支援ボランティアプロジェクトの引率として、大学生を引き連れ、震災後の東北に30回以上遠征。海外ボランティアワークキャンプの引率担当だが、寮生やシェアハウスの住人たちの食事作りから事務所の管理、イベント担当など、幅広くこなす。趣味は野球、自転車、植物、水槽など。かわいい息子は1歳。
名賀亨さん(華頂短期大学准教授)
名賀亨さん 1954年8月生まれ66歳。
学生時代に大阪ボランティア協会に出会い、ボランティアとして、協会職員として、そしてまたボランティアとしてほぼ48年間協会に通い、育てられた66歳。現在は華頂短期大学の教員としてボランティア協会で学んだ人づくりの実践として、京都府南丹市美山町でワークキャンプに取り組んでいます。可能な限り、自分なりに社会に参加し続けていきたいと考えています。
竹田純子さん(龍谷大学ボランティア・NPO活動センターボランティアコーディネーター)
竹田純子さん 仕事人生の大半は若者と関わる仕事をしています。現職では、災害関係の業務をメインで担当することが多く、宮城や福島の引率などを担ってきました。(特非)日本ボランティアコーディネーター協会でボランティアコーディネーション力検定の委員です。(ぜひ、受験を!)趣味は読書と一人旅。読む本が手元に無いと情緒不安定になります。引率にも必ず本は持参。特技はバザーでの販売。自分で言うのもなんですが、売りますよ!(笑)
枝見太朗さん(一般財団法人 富士福祉事業団理事長)
枝見太朗さん 1983年インド・ボンベイ(ムンバイ)でノーベル平和賞受賞者故マザー・テレサと出会い師事し、亡くなる1997年まで日本におけるスポークスマン的役割を果たす。マザー・テレサ修道会のボランティアコーディネーターとして、500組を超える日本人ボランティアをサポートした。
東日本大震災直後から岩手県釜石市の支援に取り組み現在も同市の復興アドバイザー、地方創生アドバイザーを務める。東京ボランティア市民活動センター運営副委員長、ボランティア活動センターこくぶんじ運営委員長、東京都北区恊働地域づくり推進事業選定委員長、豊島ケーブルテレビ番組「ソーシャル・イノベーション」メインキャスターなど多数歴任 。
著書に『非営利型株式会社が地域を変える』(ぎょうせい出版)、『私はマザーに会った』(共著、女子パウロ修道会出版)、『よみがえれ釜石』(ぎょうせい出版)など。
横田能洋さん(認定NPO法人茨城NPOセンターコモンズ代表理事)
横田能洋さん 学生時代に障がい者関係のボランティア活動に参加。
96年にいばらきNPO研究会を仲間と立ち上げる。98年にNPO普及のため茨城NPOセンターコモンズを立ち上げ事務局長に就任。2009年、リーマンショック後に外国籍住民の就労と就学支援を行うための事務所を常総市に開設、2015年7月にコモンズ代表理事に就任。
2015年9月、鬼怒川洪水で被災。助け合いセンタージュントスを立上げ、以後、復興に取り組む。2018年、就学前準備として、はじめのいっぽ保育園を開園し園長を兼ねる。
加納基成さん(NPO法人ディープデモクラシー・センター副代表理事、千葉南部災害支援センター、ちば居住支援センター・センター長)
加納さん 環境運動から市民活動の世界へ。NPO?市民活動団体の支援をはじめ、 路上生活者の支援、 生活困窮、 障がいなど生きづらさを抱える人たちの場づくり支援など、千葉県内各地を駈けまわる。 障害福祉サーピス、 介護予防・日常生活総合支援事業(付き添い支援、移送サーピス等)サービス提供責任者としても活動中。2019年の台風15号を機に、千葉南部災害支援センターを立ち上げ、屋根のブルーシート展張講習会など継続した支援活動の調整も行っている。
矢野正広さん(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク理事長)
矢野正広さん 1962年栃木県生まれ。高校の時から在宅障害者と友人になり福祉系の大学へ。難民問題、全身性障害者の自立生活、ボランティア自主広報誌づくり、福祉系イベント各種の活動等をしつつ、福祉作業所勤務。のち有機農業見習い、編集者・校正者を経て、NGO/NPOのための編集プロダクションを自営。95年阪神淡路大震災での救援活動を契機に、ボランティア・コーディネートの専門機関として栃木県域の中間支援団体「NPO 法人とちぎボランティアネットワーク」を設立、事務局長に。
鍋嶋洋子さん(認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ事務局長)
鍋嶋洋子さん 関東の支援拠点から、賠償/補償での住民の分断、見えない避難者に「手探りの支援」をしてきた状況と課題を報告。何によりそっているのか?という難問がある。
服部育代さん(一般社団法人ほっと岡山代表)
服部育代さん 自主避難が多い名古屋以西の支援拠点として、特に母子避難の支援、離婚の増加・家族の解体と支援の困難さ・課題、支援策の枯渇について報告する。
斉藤容子さん(関西学院大学災害復興制度研究所准教授)
斉藤容子さん 10年目避難者アンケートの全国調査を実施。強制避難/自主避難の差、「言えなさ」=孤立、生活の厳しさ、復興感になど調査でわかったことを報告する。必要な政策・立法についても提言する。
坪井塑太郎さん(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク元職員)
坪井塑太郎さん 10年目避難者アンケートを栃木県の被災者に実施。「必要だった支援」、「復興感」などを報告する。
山崎栄一さん(関西大学社会安全学部教授)
山崎栄一さん 憲法学と災害法制が専門。山崎先生HP【被災者支援法制の将来的なビジョンの構築】より抜粋 ―(これまで)被災者支援法制の議論を、災害救助法・被災者生活再建支援法のあり方に限定をしていたが、被災者のニーズという視点から被災者支援法制をとらえると、非常に広範にわたる政策領域が関わり合いをもっていると判明した。▼このように広範な被災者支援法制を包括的・体系的に把握していくとなると、法規範の中でも上位の規範(憲法・基本法)で、被災者支援法制を方向付ける理念・政策目標の提示が求められる…
田辺光正さん(NPO法人山梨県ボランティア協会事務局長)
田辺光正さん 1954年山梨県生まれ。1977年4月山梨県社会福祉協議会就職。2014年4月より山梨県ボランティア協会事務局長として中間支援組織としての活動を推進中。2018年4月から2021年3月までの3年間、多様な主体との連携協働、県民主体による地域課題の解決等をねらいとする県民活動ネットワーク事業を推進する。活動を通じ民間性の追求、人と人とのつながりを重視した持続可能な未来づくりに挑戦している。
土屋茂さん(NPO法人にじいろのわ理事長)
土屋茂さん 1960年山梨県生まれ。陸上自衛隊任期満了後、美容室、飲食業経営。2011年東日本大震災を機に山梨で出来る被災地支援活動開始。2013年NPO法人山梨ナチュラル工房設立。補助金なしで福島の子ども達を招く保養キャンプ年2回累計15回開催。2016年子ども食堂開始。県内地域・こども食堂の情報交換、運営課題解決、フードバンク、フードパントリー、子どもイベント多数開催。2021年4月NPO法人にじいろのわ理事長。
大野覚さん(認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ事務局長)
大野覚さん 1979年茨城県出身。ニューヨーク市立大学大学院行政学修士NPO運営コース修了。2009年より同法人にて活動。市民活動の相談対応や講座開催、行政の協働推進施策支援、企業のCSR活動支援、いばらき未来基金や子ども食堂サポートセンターいばらき、NPO法人会計基準協議会の事務局も担当。NPO法人フードバンク茨城理事長、NPO法人セカンドリーグ茨城監事、水戸市協働推進委員会副委員長、鹿嶋市協働のまちづくり推進委員会副委員長も務める。
松原明さん(認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会元代表理事)
松原明さん 1960年生。シーズ・市民活動を支える制度をつくる会、設立者。NPO法制定や認定NPO法人制度など制度づくりを推進。現在、NPO制定過程の取り組みをふまえ、「協力のテクノロジー」の体系化を進めている。
吉椿雅道さん(CODE海外災害援助市民センター事務局長)
吉椿雅道さん 10代より武術や東洋医学を学ぶ傍ら、在日外国人や地球温暖化などの社会問題に関心を抱く。20代より環境、障がい者、不登校、ターミナルケアなどのボランティアや先住民支援のNGOにかかわる。1995年阪神淡路大震災で被災した親友と共に足湯ボランティアを始める。2004年より災害NGOのスタッフとして国内外の被災地で復興支援に携わる。2013年CODEの事務局長に就任。現在は、海外の被災地支援の傍ら、多数の大学・高校で非常勤講師を務める。関西NGO協議会常任理事、Kansai-SDGs市民アジェンダ分科会座長、コロナ支援の国際アライアンスIACCR呼びかけ人。
金光敏さん(NPO法人コリアNGOセンター理事兼事務局長)
金光敏さん 1971年大阪市生まれ、在日コリアン3世。大阪市立大学大学院創造都市研究科修了。学校法人白頭学院建国幼小中高校常任理事(韓国系民族学校)、NPO法人コレジオ・サンタナ理事(ブラジル学校)、大学非常勤講師、行政諮問委員等。著者に『大阪ミナミの子どもたち〜歓楽街で暮らす親と子どもを支える夜間教室の日々』(単著、彩流社)、『多文化社会を生きる子どもたちとスクールソーシャルワーク』(共著、かもがわ出版)ほか
青山織衣さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会ボランティアコーディネーター)
青山織衣さん 大阪府岸和田市生まれ。現在に至るまでずっと同市在住。同志社大学文学部文化学科を卒業後、社会福祉士養成校を経て、2003年から2019年まで岸和田市社会福祉協議会で勤務。ボランティアの参画による在宅福祉サービス、小中学校での福祉教育・キャリア教育の支援、地縁型・テーマ型両方の市民活動支援を担当したほか、赤い羽根共同運動、地元の市民活動団体のファンドレイジング支援に携わった。2020年からは、大阪ボランティア協会に籍を置きながら、コミュニティワーカー、ボランティアコーディネーターとして地元岸和田を拠点に活動している。活動中に心がけているのは、出会う人ひとりひとりが「自分らしさ」を見つけて大事できるように一緒に悩み、考えること。

全国ボランタリズム推進団体会議(民ボラ)とは…

全国から団体が大阪に集まり、1983年にスタート! 38回目
民ボラは1983年、民間ボランティア活動を推進していた全国の8団体22人が大阪に集まり、「第1回民間ボ ランティ推進機関関係者懇談会」として始まりました。当初は、志を同じくするものが情報交換と交流を広げ ようという目的で開催されましたが、その後、回を重ねるごとに具体的なテーマについて議論するようになり、 懇談会から研修会的な要素を盛り込む内容に進歩してきました。会の名称も内容の変化に伴い何度か変 更して現在の名称になっています。
この会の大きな特色は、「民間性」を常に中心に置き、民間の独自性、独立性を守りながら行政等との官 民協働や市民に対してどのような役割を果たしていくかという視点で開催されています。

世話人団体

静岡県ボランティア協会、大阪ボランティア協会、茨城NPOセンター・コモンズ、富士福祉事業団、東京ボランティ ア・市民活動センター、山梨県ボランティア協会、世田谷ボランティア協会、ボランティア・市民活動学習推進センターいたばし、JUON(樹恩)NEWORK、とちぎボランティアネットワーク、ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

Copyright 1996 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.