ボラ協のオピニオン―V時評―

V-comments

寄付する・会員になる

ボラ協を知る

ボランティアする・募る

学ぶ・深める

活動を支える 市民の論理

オピニオン「V時評」への想い

理事長 早瀬 昇

私たちは、“参加の力”が生かされ、自由で創造的な市民活動を進めるための、「市民の論理」を追究してきました。市民がのびのびとしなやかに活動を広げるには、権力や暴力に対抗する論理の力を鍛えねばなりません。さまざまな社会の動きを踏まえつつ、「高みの見物」的評論ではなく、現場で奮闘する皆さんの力になれる論理を示すべく、努力しています。 

理事長 早瀬 昇

ボラ協のオピニオン―V時評―

「V時評」は、時代の一歩先を読み、
新しい社会課題の発見や提言に努めるオピニオンです。

  • V時評

    2003.05

    「勝手にライバル」の勧め

  • V時評

    2003.04

    地方分権がノーマライゼーションを阻害する!? ~障害者地域生活支援事業等補助金の一般財源化を受けて

  • V時評

    2003.03

    「できることなら、するよ」ということの意味

  • V時評

    2003.01

    『月刊ボランティア』から『Volo(ウォロ)』へ

  • V時評

    2002.12

    「結局、何も変わらない」を変えるには

  • V時評

    2002.11

    より一層の バリアフリー社会の実現を ―障害者欠格条項の見直しと身体障害者補助犬法の制定・施行を受けて―

  • V時評

    2002.10

    「テーマ限定」が広げるネットワーク

  • V時評

    2002.09

    「社長の道楽」の勧め ~中小企業の社会貢献活動への期待~

  • V時評

    2002.07

    なぜ今、「エンパワメント」なのか?

  • V時評

    2002.06

    自治の担い手を育てる体験活動へ

  • V時評

    2002.05

    有権者として、寄付者として問われる「市民」 ~辻元清美氏、議員辞職から考えること~

  • V時評

    2002.04

    NPO支援の新しい形 ~大阪NPOプラザ開設に寄せて~

  • V時評

    2002.03

    再度、市民自治を

  • V時評

    2002.01

    高齢者の自己実現

  • V時評

    2001.12

    意図と効果の関係

  • V時評

    2001.11

    ソーシャルワーカー養成と市民活動

  • V時評

    2001.10

    「流されない」向き合い方

  • V時評

    2001.09

    抵抗勢力

  • V時評

    2001.07

    運動とは事務なり

  • V時評

    2001.06

    二段階目の始まり