ボラ協のオピニオン―V時評―

V-comments

寄付する・会員になる

ボラ協を知る

ボランティアする・募る

学ぶ・深める

活動を支える 市民の論理

オピニオン「V時評」への想い

理事長 早瀬 昇

私たちは、“参加の力”が生かされ、自由で創造的な市民活動を進めるための、「市民の論理」を追究してきました。市民がのびのびとしなやかに活動を広げるには、権力や暴力に対抗する論理の力を鍛えねばなりません。さまざまな社会の動きを踏まえつつ、「高みの見物」的評論ではなく、現場で奮闘する皆さんの力になれる論理を示すべく、努力しています。 

理事長 早瀬 昇

ボラ協のオピニオン―V時評―

「V時評」は、時代の一歩先を読み、
新しい社会課題の発見や提言に努めるオピニオンです。

  • V時評

    2018.10

    ダイバーシティ職場としてのNPO

  • V時評

    2018.10

    避難所が象徴する災害対策の貧しさ

  • V時評

    2018.08

    オリンピックボランティアをめぐる課題

  • V時評

    2018.08

    市民活動における「合宿」の効用

  • V時評

    2018.06

    「動員」されないために 社会の実相に目を

  • V時評

    2018.06

    休眠預金活用への不信高めた内閣府のパブコメ対応

  • V時評

    2018.04

    石牟礼道子さんを偲ぶ

  • V時評

    2018.02

    外国人と共に暮らすということ

  • V時評

    2017.12

    "大人"はどう応える? 総選挙で見えた若者の意識

  • V時評

    2017.12

    障害者とボランティア・地域住民との接点を見直す~大規模災害時を視野に入れて 

  • V時評

    2017.10

    「きれいな記録」を残せば良いのか? 議事録に無ければ「無かったこと」になる政治

  • V時評

    2017.10

    テコ役となって社会を変える~市民社会創造ファンドが示す専門性の力

  • V時評

    2017.08

    ボランティア活動と賃労働を分かつもの ~労基署によるNPOへの警告から考える~

  • V時評

    2017.08

    NPO法人が減少? 大切な参加の機会づくり

  • V時評

    2017.06

    生活支援サービスの意味するもの

  • V時評

    2017.06

    共謀罪の本質は「監視」への欲求

  • V時評

    2017.04

    誰と「ともに生きる」のか?

  • V時評

    2017.04

    問われる一人ひとりの主体性 「SDGs/持続可能な開発目標」

  • V時評

    2017.02

    NGO規制が示唆する世界

  • V時評

    2017.02

    制定後が正念場 休眠預金活用法